PS Vita(PSM)版 GERONEKO げろねこ好評配信中!

2015/04/15(水)ついにGERONEKOが配信開始されました。PSMプラットフォーム終了となる7月15日までの短い期間での配信となりますが、宜しくお願いします。

===PlayStation Store ===

PCからはコチラ

===ゲーム情報===

ゲーム中にタイムアップとなるまで耐え抜くとボーナスステージに突入します。ボーナスステージでは宇宙忍者が登場し、吸い込まれていくちくわを集めることでスコアが倍増ボーナスが得られます。同時に飛来する宇宙鉄アレイを巧みにかわしながらちくわを収集してみよう! 2015-03-30-031534 otowabi

==Windows体験版 ===

Windows版はSD画質で一部ゲーム内容に制限があります。フルゲームかつ高解像度HDによる美麗なグラフィックを楽しみたい方はVita版をお楽しみください。

===GERONEKOオリジナル===

移植元となるGERONEKOはこちらからダウンロードできます。http://globalgamejam.org/2015/games/geroneko

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

GERONEKO 審査通過してストア配信待ちになりました

無事レビュー通過したようです。聞くところによると配信待機から配信まで2週間~1か月ぐらいかかるらしいです、他配信タイトルとの兼ね合いで前後するようです。わくわくしながら配信開始日を待とう。

preparingForRelease

なお、ステータス履歴をみると1週間でレビューまで行ったようです。スムーズに進みました。

  • Preparing For Release2015/04/06 05:05 am UTC
  • Approved2015/04/06 04:57 am UTC
  • Under Review2015/04/03 07:35 am UTC
  • Waiting For Review2015/03/29 07:05 pm UTC
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

GERONEKO PSM審査に提出しました

解像度1280x720のHDグラフィックを実現したGERONEKOのPSM版が完成しましたのでご報告します。昨日PSM審査に提出しましたので、リジェクトされなければ近日配信されると思います。

gerodev10

https://www.youtube.com/watch?v=POwVLjvqUxg&list=UUDmkcCTvuc-pK8wv4y2HT0A

カテゴリー: PSM, XNA | タグ: , , | コメントをどうぞ

XBLIG日本語タイトル100本配信記念 XNA新年会

日本語タイトル100本配信記念&新年会ということでOFF会に行ってきました。例によって0~2次会まで参加です。

0次会・・クラブセガで何となく集合しつつ、アケミク初プレイということでミクさんマジ天使。その後、Heyでダライアスバースト4人プレイとか出来たりと楽しかったです。アルカナ3布教もできました。クラブセガではF355プレイ結果をプリントアウトしてみたり、3画面版でプリントアウトまで出来る筐体って日本にどれだけあるんだろうか・・、ということで記念UPUP。

F355

1次会・・こびとスタジオさんADVゲーム裏話とか新作的な話など毎度面白かったですねぇ。私もノベルゲーム作りたいです。こんなの作りたいというなんとなくなイメージはあったりなかったりしますが形になるだろうか。ピアレビューに関してXNA3.1のゲーム提出が2月上旬迄ということで、アクツク系ゲームのレビューが駆け込みまくっている!ということで、いちアクツクユーザーとしてはどうしよう、あきらめた。

こびとスタジオさんの新作「コスプレ教師(仮)」のデモディスクなど頂きました。タイトルはもっとすごい感じになるようなので、これがマーケットプレイスに並ぶかと思うと胸が熱くなります。写真

そして、なんかすごいハニートースト的なものが出て盛り上がったり~お店で記念撮影&写真配布までしてくれて良かったすなぁ@秋葉原パセラ。空間はかなり広くてモニターもあったりなので場としてはGoodだと思いました。

232581226

1次会についおては、例によって誰得な感じでツイキャス配信してました。今回はオフレコ話は無い(?)ので全部公開で。Max30分迄?ぽいので細切れになるのは仕様なのだろうか。

2次会・・恒例のマックで二次会とおもったが、1次会フルメンバーが参加ということでデニーズに行きました。座席確保できず2チームに分かれてうんたん。配信停止しちゃったのでですが、開発方法とかMacBookなWindowsでXNAデモなど環境とかの話題など。こうしたらいいねーみたいな建設的なお話ができたかなと。私は空気を読める人なのでイチゴパフェなどオーダーしてデブーリ補給しておきました。

以上、とても楽しい会でした。こういった交流会に参加すると自分も何か作るぞ!というモチベーションが高まるので、ありがたいです。参加した皆さん、お疲れ様でした。

カテゴリー: XNA | コメントをどうぞ

ブログ移行後のテスト投稿

MSN Spaceから移行に失敗してなぜかブログが2つになっていたが消し方がわからないのでもういろいろあきらめた。

購入してから半年近く放置していたアクションゲームツクール(通称:アクツク)をメインPCにインストールしてみたら動かなかったのです。サポートOSでVistaがOKならWindows7でも動くだろうと思ったけど、64bit版は無理でした(サポート外)。Vista(32bit)のノートPCでは当然動かせるんだけど、いつも1920x2画面作業していたせいで画面の狭さに耐えられず断念。ノートPCを外部モニター接続すればいいんだけれど、マウスやら何やら机上スペースが確保できないので放置。その後、Win7上のXP MODE等にもインストールしてみたところ、エディター自体は起動はするもののテストプレイを開始するとゲームプレイヤーが起動NGになるので詰んだという切なさ。

と、アクツク利用できず悶々としていたので結局XNA4.0を導入していじり始めました。手始めに「ゆっくりの迷宮」のプロジェクトをインポートしたら、3D関連もう動かんようになってしまったので泣きそうです。コピペで楽して新しいゲーム作ろうと思ったのに、また大変そうであります。

しかし、VisualStudio2010はだいぶ良くなってるね。ソースコードとかもウィンド分離できたりするのが嬉しい。そして、気づけば「ゆっくりの迷宮」製作開始した頃から丁度1年が経過しようとしているわけですが・・作っているものは「HwlloWorld」レベルまで退化しております(しかも表示崩れてる!)。まぁ、ゆっくりしていってね。

image

カテゴリー: XNA | コメントをどうぞ

アクションゲームツクールを買った!

先日XboxLiveインディーズゲームズで配信された Dossun Island というゲームに感銘を受けまして、自分もこういうの雰囲気のゲームを作りたいと思い、いまさらアクションゲームツクールを買ってみました。簡易な2Dゲームなら自作プログラムでもできる気はするのですが、相応に時間がかかるので思いつきで作るにはちょっと重いかなーというところでツクールの出番です。Amazonでポチりましたが、お急ぎ便にしたら当日配送とかされてびっくりした。

ちなみにDossun Island自体は、作り的にアクツク作品ではないような雰囲気だったりしますが。ただ、キャラクターの動きとかステージ構成に作者のオーラというかこだわり魂を感じまして・・個人的にはこういうの大好き。

SANY0206

ツクールシリーズ触るのは2D格闘ゲームツクール95以来です(まだインストールしてないけど)。アクツクはなかなか多機能で面白そうではあるけれど慣れるまでが難しそう。こういうのできることが縛られている反面、工夫次第でいろいろできたりするからなー。机の上が相当にカオス。

で、コレを使って作りたいゲームですが、自転車に乗ってる時に思いついた「鳥のキャラクターを操作して空中からフンを投下し通行人(女の子)にぶつける」というゲームです。ゲーム&ウォッチ的なシンプルなゲームを目指したいところ。カラスを見て思いついたけど、鳥はハトにしてカラスはお邪魔キャラクターとかそういう感じかなぁ。

カテゴリー: XNA | コメントをどうぞ

裏XNAコンテスト(オフ会)

そういえば書いていなかったけど、「ゆっくりの迷宮」はコンテスト選考外余裕でした。コンテスト参加することに意義があったので結果は別にどうでもいいんですが、結果発表会のイベントが招待制でクローズな感じだったのでそこだけは残念でした。

そんなマイクロソフトXNAゲームソフトソフトウェアコンテスト2010の結果発表的なイベントが5/16に行われるということで、コンテストのノミネート作品作者様の mentaro 氏が東京入り・・という経緯をTwitterでいろいろやり取りしている内にXNAオフ会やろうゼ!な流れになり秋葉原にて急遽XNAオフ開催ということになりました。

そんな経緯なのでXNAオフというか半分Twitterオフともいえますが、お互い面識がないので待ち合わせ方法として駅前で「ゆっくりのぬいぐるみ」を持ったまま立つという羞恥プレイをわざわざ選択。痛いゲーム作るぐらいなので中の人も痛いですね(お前だ)。

で、駅前で10分程度の羞恥プレイに耐えつつ無事合流。突発イベントとなりましたが自分も含めTwitterで(?)計4名(mentaroさん、xisaiさん、nakfivさん、HOSSIE)が集まったのでした。なんだか名刺を頂いたんですが、HOSSIEさんはそんなの持ってませんのでした、すいません。

AstralSystem.com (xisaiさん)
http://www.astralsystem.com/

こびとスタジオ (nakfivさん)
http://www.angelword.net/kobitostudio/

流れとしては、駅前喫茶店→東方見聞録→マクドナルドと経由して5時間ぐらい熱いトークが繰り広げられたとかなんとか。なるほど、これUstreamで配信したら面白かったのにとかそんな感じでXNAにとどまらないオフレコ話なども含めて、ゆっくり楽しませていただきました。

   SANY0266 SANY0268 SANY0269

で、ゆっくりしたところで mentaroさんの北海道土産なプレミアムなデザートとか頂きました。天使の絵の人デザインなプリンです、ありがとうございました!いろいろと有意義な時間でしたので、またやりたいですねぇ。

カテゴリー: XNA | コメントをどうぞ

ゆっくりの迷宮(Windows版)

いろいろ考えましたが、同じプログラムコードがXbox360とWindowsの両方で動いてるぜ!XNAさんパネェ!というのを見せ付ける為にWindows版の「ゆっくりの迷宮」を公開してみます。Xbox360用のよりちょっと古いビルド版ですがバランス調整、不具合修正してない程度の差ですので問題なし。SkyDriveの1ファイル50MB制限に引っかかるので自己解凍形式で2分割してあります。

ゆっくりの迷宮_forWin_20100401版.part1.exe 
ゆっくりの迷宮_forWin_20100401版.part2.rar

うちでは開発環境が既にあるので実はよくわからないんですが、実行時にはランタイムが必要になるはずです。恐らく以下のランタイムを入れるだけで動くんじゃないかと思いますが別途.Net Framework3.5とか入れる必要があるかもしれず。教えて偉い人!

Microsoft XNA Framework Redistributable 3.1
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=53867a2a-e249-4560-8011-98eb3e799ef2

なお、Windows版のXNA環境だとXNAクリエイターズクラブの会員(プレミアムのみ?)じゃないとXbox Liveの機能が使えない為、本ゲーム唯一の取り柄であるフレンド機能が使えなくなります。元々が360ならではのゲームを作ろうぜ、という発想だったのでまぁ仕方ないのですが、それ故にWindows版はある意味「体験版」状態です。といっても、ゲーム内容は特に制限はないのでゲーム自体は最後までプレイできます。

と、公開はしてみますがWindows版の注意点を以下に。
・それなりな高スペックを要求します。ちょっといいノートPC程度だとガクガクします。あとグラフィックカードがシェーダーモデル3.0対応してないとアウト。
・Xbox360コントローラーがないと操作がままなりません。キーボードでWASDの移動かはできるけど攻撃できません、あやや(手抜き)

カテゴリー: XNA | コメントをどうぞ

祝・配信された

GW後半3日はシェーダーと格闘して大負けして過ぎ去ったという。スプセルクリアしようと思ってたのにどうしてこうなった。

それはともかく、GW明けて5/7に日付変わったところで「ゆっくりの迷宮」がピアレビュー通過しました。一度差し戻しはあったので4/19からのレビューってことで約半月かかったのは長いのか短いのかよく分からないけど、レビューして頂いた方々には感謝です。ありがとうございました。

そして今朝出社前に確認したら無事マーケットプレースに配信されていていました。360ダッシュボードのゲームリストに出てくるとか感慨深いですな。もともとはPC版も一緒に配布しようと思ってたんだけど、PC側のXNAだとLive&フレンド関連の機能はLiveGold&クリエイターズクラブ会員じゃないと使えない気がしたのでやめたという。このゲームだとその辺の機能使えないと意味ないからなー、という感じなのでやめておきました。

XboxLive Webマーケットプレース
http://marketplace.xbox.com/ja-JP/games/media/66acd000-77fe-1000-9115-d802585504e0/?bt=0&sb=1&mt=32&gu=66acd000-77fe-1000-9115-d802585504e0&p=1&of=0

SANY0195

当初探索ゲーだったハズが殴りゲーになってる謎。奇ゲー、バカゲー好きの方にぜひ遊んでみていただきたい。

※注意※
このゲームに出てくる女の子は全員18歳以上です!(非現実青少年的に)
ちなみに「部位」とか「女湯」の女の子ですが実は主人公にしようとしたりラスボスにしようとしたりのいろいろな葛藤がありつつ壁になりました。ひどい。

と、スプセルやってたら日を跨いでしまった。まぁいいか。

カテゴリー: XNA | 2件のコメント

各種実験

仕事が忙しくて死ねるので休日はゲームせずにXNA に逃避していました。ということで「ゆっくりの迷宮」でやってみたかったけど時間的にムリだった事をいろいろ実験しつつ次回作に備えるという珍しく建設的な試みと大雑把な軌跡。ルネッサンスなダンジョンRPG作りたいです、ええ。

  • ADVスクリプトエンジン的な物

テキストに書いたコマンドを順次実行する感じの簡単なスクリプトエンジン。画像ロードして表示したり消したり拡大縮小回転したりと命令を実
装してみた。キャラクターを出して動かすと結構それっぽくて楽しい。別にADVゲームを作るわけではないのだけれど、こういうのは作っておけばOPデモとかストーリーデモ、ヘルプみたいなところでも汎用的に使えるだろうと。

test

  • シェーダー実験

「ゆっくりの迷宮」はもともとBasicEffectで簡単につくるよ!という想定だったが、性能的問題から結局インスタンシングを使うカスタムエフェクト使っていた。カスタムといってもインスタンシングの公式サンプルとBasicEffectのソースコードを混ぜて、見た目がBasicEffectなインスタンシングモデルというそんな感じのものであった(ついでに、SpriteBachエフェクトも改変して動画の背景色抜くというのも作ったりしたが・・)。その折に、少なからずシェーダーについて調べたり何なりしたおかげで「もっといろいろ試したい」欲求はあったんだけれど時間的に無理なので断念していたのを改めて試した次第。

以下、シャドウマッピング&視差マッピングのサンプルを混ぜた結果。実は全部まぜてないんだけど、それっぽい絵になったのでとりあえずよしとする。影になってるところとか法線マップ情報つかってないからのっぺりしてるんだわ。しかしサンプル通りにやってるのに結果おかしいー状態でえらい時間かかってしまった。座標系があってなかったとかそういう原因でした。おかげでちょっと理解が深まったような気分になる。

test6

  • マップエディタ実験

「ゆっくりの迷宮」はランダム生成なダンジョンであったがRPG作るならちゃんとデザインしないとね。ということでマップ情報のエディターを作ろうとExcelはデスクトップ機にライセンスがないので・・OpenOffice.orgのCalcを使って適当にエディター作れないかなーと施行したが無理すぎたので諦めた。ということでXNAでそのまま実装。WindosFormとかそんなのは要らない!という感じでちょいちょいと以下の感じに。まだまだこれからーな感じだけど、これで作ったダンジョン徘徊できるとかいったらワクワクするな!

test7 

 

そしてスト4とスプセルが届いて積みゲーがすごい。GWは積みゲー崩さないとなぁ。

カテゴリー: XNA | コメントをどうぞ