他の3D物理エンジンも試す

JigLibXのデモをちょっと修正してXbox360で動かしてみたんだけど、すっげ重い。起動直後で各オブジェクトの挙動安定するまでFPSが10とかまで落ちてすごいことに。PCだと普通に動くんだけど、とほほな感じだねぇ。簡単なブロック壁とかでも密集させるとアウトですな。

ということで、パフォーマンス的にそもそも実用的なの?という点についてはある程度使い方次第とは思うけれど、XNAでXbox360でも使える3D物理エンジンちらほら試してみた。他BulletXというのも試したけど、簡単に360で動かせなかったのでここではスルー。

JigLibX Physic Library Ms-PL http://jiglibx.codeplex.com/
BEPUphysics Library 商用利用は要応談 http://www.bepu-games.com/BEPUphysics/downloads.htm
Oops! 3D Physics Framework Ms-PL http://www.codeplex.com/OopsFramework

BEPUphysics Library は試した中ではおそらく一番高機能かつ性能も悪くない感じ。バージョンアップも意欲的な感じがあってイチオシな感があるんだけどライセンス周りが良くわからない。商用利用する場合はメールくれ!みたいなことかいてあるんだけどインディーズゲームは商用にあたるのか?フォーラムでもちょっと問答があったが答えがなかったよ。ライブラリのソースもなくバイナリのみ提供してるぽいので、ニントモ。

Oops! 3D Physics Framework は物理エンジン以外に描画やカメラとかもろもろベースを提供しているような雰囲気だった。実機でデモを動かしてみたが結構なオブジェクトがそれなりに動いていたのでよさげではあったが、更新止まって感じ。

そこで、そもそも自分は物理エンジンで何がしたいのか、と考えると別に厳密な物理挙動がほしいわけはなく、キャラクターの動きとか衝突をがんばらず簡単にこなしたい、ところに尽きる。きっと、そんなものは上記のどれを使っても実現できるのだろう。というわけで、現時点で一番慣れている JigLibX で継続していきたい。まぁ他2つと比較してJigLibXのほうが重い印象はあるがなんとかなるよ!きっと!

広告

HOSSIE について

忍者という利点を活かしXNAで大勝利すべき日夜活動する。XboxOne・PS4・Vitaちゃん・WiiU、そしてPCではSteamer。
カテゴリー: JigLibX パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中